「storiaunica」- 想いを繋ぐ -

私の住む街、イタリアの首都ローマ

路地裏に昔ながらの小さな職人工房が、
まだほんの少しだけ残る街。

人々の想いと終わらない物語と息遣いを、
ずっとずっと見つめて続けてきた街だ。

些細なキッカケは、
おじいちゃん職人との出会い。  

今では数少ない、
この街に残る熟練職人のひとり。

昔ながらの道具で革を切り、
年季の入った古い相棒のミシンを踏む。

代々受け継がれてきた職人技は、

心に残る思い出や大切な贈り物に似ていると思う。

いつか失われてしまう、
おじいちゃん職人だけの熟練した技。

「世界にたったひとつ物語」みたいだ。

思い出すのは、大好きだった祖父の姿。

おじいちゃんも革のバッグを使っていたっけ。
それは、月日が刻まれた祖父だけの
素敵な革のバッグだった。

祖父の持ち物は、
古い時計もみんな宝物みたいだった。

大事にしてきた大切な物を、
いつも嬉しそうに見せてくれたね。


祖父が好きだったものは、
いつの間にか父が大切に使っている。

母のお気に入りは、
いつしか私の好きなもの。

物語はいつだって、
誰かのもとで大切に紡がれてゆく。

大切に作られた職人さんの鞄を、
もっともっと多くの人に使ってもらいたい ❞

おじいちゃん職人は、
この先ずっとは鞄を作れない。

イタリアから少しずつ失われつつある、
それは伝統を受け継いできた
本物のArtigianatoたちだ。

そんな単純な想いから、
職人工房を見つけては覗いてみる。

職人さんたちの「物語」を探す、
私の小さな物語。

長く大切にしたいもの
今ここにしかない特別なもの

誰にでも必ず、未来へと紡ぐべき
自分だけの大切な物語がある。

イタリア語で「storiaunica」は、
たったひとつの物語
そんな意味を持つ
ふたつの単語を繋いだ言葉。

たくさんの誰かの物語を繋ぐ
たくさんの誰かの
❝ たったひとつの物語 ❞

誰かの大切な想いは、
きっと誰かの勇気になる。

ローマの街角から、
たくさんの方々の出会いを繋ぎたい。

そんな想いを込めて。