革について


イタリアの革は
ベジタブルタンニンレザー

「イタリアンレザー」

イタリアンレザーとは、イタリアで生産される革全般を示した総称のことです。大きな特徴は、その美しいツヤと滑らかな質感。

▷世界三大レザー

革の産地として世界的に有名な、
イタリアのトスカーナ州

数多くの老舗タンナーが軒を連ねる小さな街

アルノ川流域にある「サンタ・クローチェ・スッラルノ」(Santa Croce sull’Arno)という名前の小さな街は、数多くのタンナーが集まる革の街として知られています。

サンタ・クローチェ地区と呼ばれる、革鞣し産業が盛んな地域です。

当ショップが扱う革工房「Leather Craftsman」の商品も、このサンタ・クローチェ地区のタンナーから取り寄せる「ベジタブル・タンニンレザー」と呼ばれる上質な革を使用して作られています。

ベジタブル・タンニンレザーとは?

動物の「皮」から作られる「革」

皮を素材として利用するためには、腐敗を防ぎ、「革」として製品化するための加工を施す必要があります。

その加工が「革鞣し」(なめし)と呼ばれる行程で、皮→革へと変える作業を行う製造業者のことを、タンナーと呼びます。

革鞣しには2つの方法があり、それぞれ「クロム鞣し」「タンニン鞣し」と呼ばれます。

(※現在は「混合鞣し」と呼ばれる両者を組み合わせた技法も活用されています)

どちらの方法で鞣されたかによって、革の名称が変わってきます。

ベジタブル・タンニンレザーとは、後者の「タンニン鞣し」によって加工された革のことです。

化学薬品を一切使わず、植物性から抽出された ❝タンニン樹液❞ を溶かした水溶液に長時間浸し、時間をかけて濃い→薄いと順番に浸透液へ浸透させていく、古くからの伝統的技法です。

一方の「クロム鞣し」は、鞣し剤に化合物「塩基性硫酸クロム塩」を使い、短時間で仕上げる技法です。

革本来の色を生かすタンニン鞣しとは異なり、着色が容易なので色合いの自由度が上がります。

クロムで鞣された革の質感は軽く柔らかく、使い込んでも風合いにそれほどの変化は起こりません。また、ベジタブルタンニンレザーに比べてキズが付きにくいという特徴があります。

そもそも、タンニンって?

タンニンとは、渋味を呈する物質の総称「渋」のこと。 一般的に革鞣しによく使われる植物タンニンは、ミモザアカシアなど。樹皮を細かく砕いたものを水に浸け、抽出したものを粉末にして使用。

タンニン鞣しの工程は20以上!

ベジタブル・タンニンレザーの特徴と魅力

育てる悦びを感じさせてくれる革
  • 伸縮性が高く、型崩れがしにくい
  • 表・裏・断面ともに硬く、丈夫である
  • キズは比較的つきやすいが、使い込む程に味が増して手に馴染む
  • 紀元前30世紀頃に始まった伝統技法で、1ヶ月以上かけて鞣される

ベジタブル・タンニンレザーは、使い込む程に革の質感が柔らかく変化して手に馴染んでいきます。

人の手の作用によってツヤが風合いがより深く増していくのが大きな特徴です。

使い初めの際に「少し革が硬いかな?」と感じた時は、表面に保護クリームを塗りこんであげることで革がより馴染みやすくなり、キズや汚れの防止にもなります。

革用の防水スプレーと併用することで、水ジミからも革を守ることができます。

トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会

革製品に付属している職人の手がモチーフとなっているタグは、植物タンニンのみで鞣されたトスカーナ産の革であることを100㌫保証する認定証。

ハンドマークは協会認定の証!
アルノ河の豊かな恩恵を受けるタンニンレザー

例えば、同じ工程で行われた鞣し革であっても、作業を行う国や地域によって色合いや風合いなどに独自の違いが生まれます。

イタリアの革鞣し産業が世界的に有名なのは、トスカーナ州の豊かな土壌や水質から生まれる恩恵と、代々受け継がれてきたイタリアの伝統技術が上手に混ざり合ってのこと。

そのためトスカーナ州で生まれる革は、世界でも類を見ない美しさと品質を持ち合わせているのです。

トスカーナ州の鞣し革は、「トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会」に加盟する22の伝統を受け継ぐ革鞣し工房によって生産されています

トスカーナ産植物タンニン鞣し革協会は、革に対して国際基準よりもさらに厳しい品質基準を設けており、その規格を満たした高品質のものだけが「イタリアンレザー 」として認定されます。

大きな3つの基準は以下の通り
1.協会が認定している革鞣しの工程にて行われている
2.化学薬品は使わず、植物タンニンのみで革鞣しが行われている
3.主要な作業工程が、トスカーナ州で行われたものである

その中でも、ベジタブル・タンニンレザーは別格の美しさを持っています。 クロムで鞣された革よりも多くの時間と作業工程を踏みながら加工されるため、高価な革としてクロム鞣しの革と一線を画した存在でもあります

イタリアで生産されるベジタブル・タンニンレザーは日本とは異なる種類の染料なども使って鞣されているため、日本では見られないイタリアならではの美しい色合いと風合いを見ることができます。

花の都フィレンツェを有するトスカーナ州の大地と伝統が生み出すタンニンレザーの豊かな特徴は、イタリアから届く革製品を手にするひとつの大きな喜びにもなっています。

▷革工房「Leather craftsman」の革製品