職人工房「Leather Craftsman」

ローマの街で想いを紡ぐ革工房


トレヴィの泉からほど近い場所で、熟練革職人であるアルド・フィロシーニさんと妻ナタリーナさんが、1970年から夫婦ふたりで営んでいる昔ながらの革職人工房があります。

この小さな革工房でアルド職人とナタリーナ職人の手から生まれる革製品の数々は、化学薬品を一切含まない「植物性タンニン」でなめした革のみを使用し制作されます。革ひとつひとつへの敬意を忘れずにデザインを考え、それに基づいて丹念に手作業で制作していきます。

植物性タンニンでなめされたベジタブルタンニンレザーは、使い込むほどに味わい深く艶やかに馴染んでゆき、年月と共に独自の風合いへ変化しくのが最大の魅力です。

正確で妥協のないハンドメイド技術。常に心掛けているのは、他では見つからない ❝オリジナル❞ であること。

革への愛情と経験から生み出される知識がつくる、独自の美しく使いやすいデザインこそが「LEATHER CRAFTSMAN」の革製品。その時にしか制作しない商品も数多く、まさに使う人のために生み出される商品は、いつまでも私たちの心を打ち続ける、後世に残したいローマを代表する貴重な職人工房のひとつです。

あわせて読みたい